バナー

クレジットカードを使い過ぎないようにする

クレジットカードは便利であるため、使い過ぎて返済に困ってしまうことがあります。

遅延が長引くと信用情報に傷が付いてしまうので、このようにならないように対策しておくと良いでしょう。
まず、使い過ぎる要因として、現金を持たずに利用できるのでいくら使っているのか分かりにくいことが挙げられます。

現在どの程度使っているのか把握できるように、面倒でも明細は毎月確認しておきましょう。



不正利用があった場合にも気付くことができるメリットがあります。


不便になってしまうデメリットがありますが、クレジットカードを申し込む際に限度額を低めにしておいても良いでしょう。


あまりにも低くしてしまうと使い勝手が悪すぎるので、日常的な利用ではどの程度の限度額が必要か検討し、多少は余裕を持たせた方が良いです。また、利用実績ができるとカード会社が自動的に引き上げることもあるので、このときは元の限度額に引き下げておきます。

支払い方法としては基本的に一括払いだけにします。

クレジットカードについて気になる方はこちらです。

分割払いやリボ払いは手数料がかかってしまうので返済の負担が増える要因になります。


2回払いやボーナス払いは手数料がかかりませんが、支払いを先送りにしたことで使い過ぎる可能性があるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

クレジットカードにはキャッシング機能がありますが、借金になるのでこれも機能を外しておきましょう。

買い物での利用と異なり、翌月に一括で完済した場合でも日数分の利息がかかります。

クレジットカードに関する疑問にお答えします。